キャッシング審査 電話

MENU

キャッシング審査での在籍確認は必ずあるのか

キャッシングの審査で重要視されるのが、在籍確認です。つまり、申し込み用紙に記入した勤務先で本当に働いているか、電話をかけて確認するというものです。勤務先に直接電話をかけますので、キャッシングをすることが会社にばれてしまうのではないかと心配される方も多いようです。

 

しかし、そこは安心して大丈夫です。
勤務先に電話をかけるといっても、消費者金融会社の名前を名乗ることはしません。
なぜなら、貸金業法で、契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはならないと定められているからです。

 

ですから、だいたいは個人名を使って会社に連絡し、本人が電話口にでなくても、外出中ですとか、席を外していますなど、本人がそこで働いている証明が取れればそれで在籍確認終了です。

 

審査にはこのようにほとんどの場合電話での確認が必須となりますが、在籍確認までいけば、もう審査に通過したようなものです。なぜならだいたい在籍確認は審査の最後に行われるものだからです。

 

中には勤務先が大規模な会社や工場で、電話口に出た人が社員を把握できていなかった為、よくわかりませんとか、そのような社員はおりませんという対応をし、在籍確認が取れなかったというケースもあったようです。

 

記入する職場先の電話番号は確実に自分のとこにつながる番号を記入するのも、審査をスムーズにするコツの一つかもしれません。

 

ただ、人によってはどうしても周りに知られたくないから電話をかけてほしくないと希望するケースもあります。その場合代替措置を用意している会社もあります。現在その会社に勤めている証明として、社員証、在籍証明書、給料明細書など状況に応じて準備する必要があります。申し込みの際に代替措置があるか確認してみると良いでしょう。